広神産婦人科医院
HOME 院長あいさつ 診療内容 院内案内 診療時間&MAP
院長あいさつ
《 院長からのメッセージです 》
スタッフ写真
父(先代院長)が、新潟市東堀前通り7番町の祖父母宅から出て、現在地で開業したのが昭和28年の夏だったと記憶しています。当時6歳だった私はあやめ幼稚園(現存)に通園していました。その頃から数えると半世紀以上が経ったことになります。 諸般の事情により、平成17年10月をもちまして、分娩の取り扱いを止めさせていただきましたが、この間、多くの方々のお導きと丈夫な患者の皆様?、懸命に勤めを果たしてくれたスタッフ達に恵まれ、お陰をもちまして父から受け継いだ
         
『院内母体死亡例無し!』
の伝統?は何とか守り通す事ができました。この場をお借りして患者様はじめ御指導、ご協力頂いた全ての皆様に、心より御礼申し上げます。
分娩を止めてからしばらくは、診療そのものを止めたとの風評被害?に見舞われ、一時は閉院も考えましたが、多くの患者さんや知人、友人そして家族にも励まされ、何とか今日まで凌いで参りました。お蔭様をもちまして少しずつ患者様も戻ってきてくれているようです。そんなわけでこれからは、待ったなしのお産に縛られない分、患者の皆様とゆっくりと触れ合う時間を大切にしたアットホームな診療(別掲=診療内容)を中心に地域の皆様のお役にたちたいと願っております。
どうぞお気軽に御来院下さい。スタッフと共にお待ちしております。
《 院長紹介 》
院長写真
廣神俊彦
昭和22年8月21日 生まれ(しし座)
(新潟市東掘通り7番町 出生)
<資格・免許など>
昭和47年 医師免許 取得
昭和60年 学位 取得(医学博士)
現在     日本産婦人科学会認定 産婦人科専門医
<略歴>
昭和29年  あやめ幼稚園 卒園
昭和35年  新発田市立 御免町小学校 卒業
昭和38年  新潟市立 寄居中学校 卒業
昭和41年  新潟県立 新潟高等学校 卒業
昭和41年  順天堂大学 医学部入学
昭和47年  同上 卒業
昭和47年  新潟大学医学部産婦人科学教室 入局
 各地病院(鶴岡市立荘内病院、新潟県立吉田病院、
 白根健生病院)勤務の後、
 新潟大学医学部附属病院助手を経て
昭和54年 厚生連佐渡総合病院 勤務
昭和56年 新潟県立新発田病院 勤務
昭和60年 3月、同上退職し、現在地にて父の医院を継承し、現在に至る
Copyright(C)2005 広神産婦人科医院 All Rights Reserved.