2004年 5月 3日〜4日 

 梶川尾根から 門 内 岳 (1887m)に行ってきました。


コ ー ス タ イ ム
5/03: 0613登山開始 0806湯沢峰 0858滝見場 1110梶川峰 1240扇の地紙 1306門内小屋 1341門内岳出発 1421本隊と合流 1554門内岳 
5/04: 0625門内小屋水場発 0847湯沢峰 1001下山


メンバー:渋谷 安沢


下越山岳会の本隊(計8人:二王子岳から門内岳)のサポートとして二つ峰近くまで行ってきました。
朝0430に安沢氏と五十公野公園で待ち合わせ、二台の車で出発。 天気は晴れである。
途中の道路上に狸が計2匹、車に撥ねられて死んでいた。可哀想にと思いつつ毛皮にしたら?と考える。
昨年は梅花皮荘に行く橋の所でゲートがされていたが、今年は飯豊山荘まで車が入ることが出来た。ここを歩くと1時間は掛かる所だが
ありがたい。奥の駐車場にはすでに10台くらい駐車してある。みんな飯豊に入っているのだろうか。 朝食を摂り、梶川尾根から出発。
丸森尾根方向では、雷鳴のような音で迫力ある雪崩を、何度も見ることが出来た。梶川尾根上の残雪は昨年より多く、滝見場、五郎清水
付近は雪がべったり付いており、急斜面になっていた。雪が柔らかいのでアイゼンは付けずに、キックステップで登る。しかし滑ったら下まで
一気に滑って行きそうな場所である。梶川峰で雄大な風景を見ながら昼食。誰も居らず静かでとても気持ちが良い。
扇の地紙で二つ峰方向を見たが本隊の姿はまだ見えず、 アマチチャー無線で呼んでも返事がない。門内小屋に荷物を置き空のザックで
二つ峰方向に向かっていると、ようやく無線で連絡が取れる。二つ峰方向を見ると本隊が確認できる。 最低鞍部近くで本隊と合流し、
再び門内小屋目指して登る。夜は小屋で大宴会、歌も飛び出て周りに迷惑かけたようだが?早々に就寝?
夜中は暴風雨になる。これがテント泊まりだったら大変だったのではと思う。
翌日も天気が悪く暴風雨の中、計10人のパーテーィで梶川尾根より無事に下山する。

          画像をクリックすると大きく表示されます


           最近の山行に戻る