2007年3月17日

   
西俣の峰  (山形県小国町) に行ってきました。



メ ン バー : 田辺、石井、上條、渋谷

コースタイム : 0530五十公野公園発 0650奥川入荘到着 0720登山開始 0853十文字池 1005西俣の峰山頂 1110山頂発
         1145十文字池 1240下山奥川入莊



4月の会山行行事の偵察、ということで西俣の峰迄行ってきました。
天気は雪が降ったり止んだりだが、視界は割合と良かった。又一時的に雲の晴れ間から、大ー尾根やクサイグラ尾根
が見える。でも山頂部は雲が、かかっていて見えなかった。

3月半ばなのに数日前からの寒波で、新雪が50cm位積もったようだった。スノーシューで膝まで埋まるくらいのラッセルを、
交代でしながら前進する。凍った雪の上に新雪が積もり、急斜面はラッセルしても滑り落ちる為に登り辛かった。
尾根上の急斜面で雪面上部に小さな亀裂が走る。 沢沿いは表層雪崩が起る条件だと思った。予定では上ノ境から
東俣川に降りて状況を確認するつもりだったが、雪の状態が悪いので、西俣の峰で取り止めとなる。山頂の風の
当たらない所でツェルトを張り、少し早いが昼食とする。 ツェルトは降る雪と風で舞上がった雪が積もりその重みで天井
が段々下がってくる。その度に下から突っついて雪を落とす。

下山時には我々の登ってきたときのトレースは消えていた。風で雪が舞い上がりトレースを消したようだ。
雪瓦も少し出ており、帰りは登って来たときと違う風景に感じられた。
下山中に単独登山者が登ってきた、小国山岳会の井上さんだった。小玉川小中学校の卒業式に出席した後に、登って
来られたとのことでした。 しばらく会話をした後に井上さんは単独、西俣峰方向へ、我々は下山方向へと別れる。

奥川入莊の風呂で汗を流す、又赤飯もご馳走になり、いろいろな山のお話を聞いて有意義な時間を過ごした。
田辺さんはここに1泊して、明日も仲間と西俣の尾根の偵察に行かれるとの事。来週は三匹穴一泊の頼母木山でしょうか。
帰りは3人で家路に戻る。




尾根をラッセルしながら登る

尾根より倉手山

尾根より大ー尾根

尾根を振り返る

十文字池付近

尾根をラッセルしながら登る


西俣の峰山頂付近


山頂より下山開始


下山途中で
井上さんと出会う