「飯豊の山男」の作詞者は不詳  メロディーは「東京流れ者」と同じです
又同じような歌詞とメロディーで「蔵王の山男」もあります。

歌詞は二つあります。

飯 豊 の 山 男   #1
1 2 3
色は黒いが気は やさしい
胸にファイトの 血が燃ゆる
身にはボロ服 まとえども
おいら飯豊の 山男
ああ楽しき 我が想い
お花畑で 見る夢は
遠くカンチェか マナスルよ
ザイル担いで あの壁を
おいら飯豊の 山男
ああ楽しき 我が想い
飯豊川の 峡谷を
沿って行くのは 湯の平か
はかなく散った 恋ならば
岩も砕けよ 濁流に
ああ飯豊の 山男
4 5 6
頼母木川の 渇水期
塩焼き岩魚の あの味は
山行くおいらの なぐさめか
霧の向こう 見える山は
ああ門内 権現か
二つ峰のあの 尾根を
ピッケル握って 登る夢
鋭鋒北股 越え行けば
ベースキャンプの ウインスパーも
ああ風には ためくか
ザイルが結んだ 友情は
きびしい試練を 耐え抜いて
万年雪は 溶けるとも
溶けちゃならない 俺たちは
ああ楽しき 我が想い
7
杁差に とりついて
主綾縦走 なしおえて
明日は飯豊と お別れか
下で待つのは D51か
ああ可愛い あの人か
飯 豊 の 山 男    #2  
1 2 3
色は黒いが 気はやさしい
胸にファイトの 火が燃ゆる
身にはボロ服 まとえども
おいら飯豊の 山男
ああ楽しき わがおもい
飯豊川の 峡谷を
沿って行けば 湯の平か
はかなく散った 恋ならば
岩も砕けよ 濁流に
ああ飯豊は 無表情
頼母木川の 渇水期
塩焼き岩魚の あの味は
山行くおいらの なぐさめか
霧のかなたに 見ゆる山
ああ門内 権現か
4 5 6
二つ峰の あの尾根を
ピッケル握って 登る夢
鋭鋒北股 こえ行かば
ベースキャンプの ウインスパー
ああ風に はためくか
不動の滝の 高巻きにゃ
さんざ苦労を したあげく
三日三晩の ビバークに
涙のんで 引き返す
ああ不動が うらめしい
また来る時の 思い出と
岩に打ち込む ハーケンが
泣いて谷間に こだまして
峠を見返す 俺たちの
ああ心に しみわたる
7
ザイルが結んだ 友情は
きびしい試練を 耐え抜いて
万年雪は 溶けるとも
溶けちゃならない 俺たちは
ああ楽しき 我が想い